先輩からのアドバイス先輩からのアドバイス

文学研究科史学専攻 博士前期課程卒業 髙田誠治さん

幅広い分野に使って、自分なりのパソコン環境を構築しましょう

高校時代は家族の共用パソコンを使っていましたが、メールやインターネットという一般的な用途の他に、イラストや漫画を描いていたので、自然と使い方にも慣れたのだと思います。 大学に入学すると、レポートの作成など、1年次からパソコンが必要なことが予想されましたので、入学前にノートを購入しました。

大学院に進んでも、論文作成や研究発表では基本的にWordを使っていますが、わたしは江戸時代の商人のことを研究しているので、帳簿の計数などをExcelで編集してWordに取り込んでいます。 また、古文書などを訳したりする場合は、サブモニターを別に用意して、そちらに古文書の画像を映し出しながら、ノートの方で作業をするスタイルをとっています。 そのようにして、作業の効率が上がるのであれば、自分のパソコン環境に積極的に周辺機器を加えることも必要だと思います。

パソコンを使う上で、これから大学に進まれる皆さんや後輩にぜひ気をつけてほしいことは、バックアップですね。特にノートは持ち歩くことが多いため、購入後3~4年以降は故障も増えてくるようです。 いまは大丈夫でも、何が起こるかわからないのです。ですから、大切なデータを失って途方に暮れる前に、外付けのハードディスクにバックアップを取っておきましょう。 卒論など限られたデータの一時的な保存や持ち歩きにはUSBメモリも有効です。携帯性に優れているので、便利だと思いますよ。

研究関係での使用はもちろんですが、イラストや漫画も趣味としてずっと続けているので、その制作にもパソコンは欠かせません。 また、これから就職活動も始まりますので、いっそう重要度が上がるものと思っています。

いま視野に入れている就職先は、現在専攻している研究テーマとは関係のない分野ですが、わたしは日本史が大好きですので、卒業後も趣味として取り組んでいこうと思っています。 同時にイラストや漫画の制作も継続していきたいですし、仕事以外でもパソコンとは生涯つき合っていくことになりそうです。

社会学部卒業(西武鉄道入社) 関口健太

1年生の時

入学してすぐ履修登録がありますが、東洋の場合ネットを利用しての登録になるので、パソコン+インターネットの環境が必要です。ナレッジスクエアなども使えますが混雑するので早い段階からパソコンはほしいところです。

レポートはほとんどの講義で書く機会があると思います。最近は手書きではなくワードで作成させるケースがほとんどなので、ソフトの準備は忘れずに。またスムーズに文字が入力できるように早くから購入し慣れておくことも必要です。

USBメモリなど持ち運びのできる記憶媒体も必要ですので、ご用意下さい。

2年生の時

ゼミでは専門的な事を扱うことが多くなり、エクセル・パワーポイントなどのソフトウェアを使う機会も多くなります。データを見やすくまとめるためにエクセル操作やわかりやすいプレゼンをするためにパワーポイントの操作をマスターしたいところ。

パワーポイントははいっていないパソコンも多いので、ソフトだけ買うのは面倒と思ったら初めから入っているものを買うのがベターだと思います。

3年生の時

3年生はやはり就活です。ネットが不可欠で、学校のパソコンだけでは話になりません。

自分専用のパソコンがないとあっという間に仲間に差をつけられてしまいます。

企業との連絡のために、G-mailでもHotmailでもよいので、パソコンでのメールアドレスが必要となります。ご用意下さい。(携帯ではダメです)

4年生の時

就活が終わると卒論の準備です。ネットを使いながら文章を書いたりグラフを作ったり色々な作業を同時に行うので、安定性のあるパソコンがほしいところです。

社会学部 社会福祉学科

学科や履修している授業によって異なりますが、社会学部ではレポートや発表用のスライドを作るためにパソコンを多く使います。

1年生の時は比較的、少ないので自分専用のパソコンの必要性はあまり感じないかも知れません。しかし、2年生になると専門科目の授業が増え、レポートやスライドを作る機会もおのずと増えてきます。学校のパソコンを使おうと思っても、混んでいることが多いためなかなか思い通りには使えません。ゆっくり家で作りたいという時もあると思います。家族と共用のパソコンといっても使いたい時間が被ってしまったら、思うようには使えません。そんな時、自分専用のパソコンを持っていれば、いつでも使うことが出来るので快適です。

また、社会学部の必修科目であるカレント・イングリッシュという語学の授業ではオンライン上で課題が出ます。そのサイトにはスマートフォンでもアクセス出来るのですが、見にくくなってしまうので私はパソコンでアクセスしていました。

このように、大学生活にはパソコンが欠かせない存在となっています。ですので、自分専用のパソコンを購入することをおすすめします。

文学部 史学科

私の所属している史学科では個人作業が多い中、1年生の必修科目での授業内容にグループワークを用いる先生がいます。そのような時にパソコンがあると学校で直接話し合いながら内容を決めることが出来るため便利です。

また、図書館のホームページからデーターベースという機能を使うことが出来ます。その中にあるジャパンナレッジというコンテンツでは「日本国語大辞典」など様々な辞書をオンライン上で使うことができ、史学科の中でも日本史の方に進みたいと思っている人は「国史大辞典」を使うことが出来ます。図書館や史学科の共同研究室にも置いてありますが、調べ物をする時に毎回借りていては時間がかかるし自分以外の人も使うため借りるまでにも時間がかかってしまいます。そのため、ネット上のオンラインを使うことにより簡単に調べることができます。この辞書は私が必修の授業の発表原稿の語句説明などに利 用しており、1年生の時からお世話になっている機能です。その他にもデーターベースには人物検索もあり、史料を読んでいる時に自分の知らない人が出てきた場合に検索をかけることが出来るためレポートなどの課題が進みます。

史学科で主にパソコンを使う機会はレポートの作成・発表のレジュメ作成などで他の学部に比べ個人作業が多いですが、パソコンを持っていると自分の空いている時間を課題の作成などに有効活用することが出来ます。そのため自分用のパソコンを持つことをおすすめします。

理工学部 応用化学科

川越キャンパスでは学科によってパソコンの活用方法はまちまちですがどの学科でもレポート作成や課題提出にはパソコンはなくてはならないものです。レポート作成にはword、表計算やデータ集計にはExcel、そして課題発表のプレゼンにはPowerPointを必ずと言っていいほど使います。1年生のうちは必要性をあまり感じないかもしれませんが学年が上がると資料の検索や収集などインターネットを使うことも多くなります。スマホでもできますがパソコンだとそれをすぐに活用することができます。私の友人で自宅で家族共有のパソコンを使っている人がいますが、使いたい時に自由に使えないことも多いので自分専用のパソコンが欲しいといつも言っています。自分専用のパソコンがあれば自宅でも大学でも使いたいときにすぐ使えるので便利です。

私は勉強以外でもいろいろと使ってます。サークル仲間や高校時代の友人との連絡やスマホで撮った画像を保存してアルバムにしたり音楽を聴いたりと様々な場面で活用しているので逆にパソコンがなかったらどうなるのか想像ができないです。

このように大学生活ではパソコンはなくてはならないものだと思います。そのためにも自分専用のパソコンを持つことをおすすめします。そしていろんな場面で活用してください。

ライフデザイン学部 生活支援学科3年 伊藤 奏子さん

自分専用のパソコンは忙しい大学生には必要不可欠です!

大学生になると、今まで使うことが少なかったパソコンが急に使用頻度が高くなると思います。

在学中でパソコンを使用する場面としては、大学が提供している学内情報サービスのシステムであるToyoNetです。東洋大学で学ぶ学生の学習や学生生活を支援するシステムであり、授業に関連する資料の配布や課題のオンライン提出などが活用できるものです。スマホからでもPCからでも見ることができます。

また、レポートや課題を作成するときにも使います。レポート書き方は授業で教えてくれる場合もありますが、自分で調べて書くこともありました。学期末に出たレポートの中では、講義の内容の中から1つ選び、それについてレポートを書くというものがありました。学期末ということもあり、他のテスト勉強や他のレポートもやらなければならなかったため、テスト勉強は学校でやって、レポートは家でやるという場面もありました。

また、大学生になるとアルバイトをする人が多いと思いますが、アルバイトをしていると、アルバイトをした後に家でレポートをするということもたまにあります。授業に関連することだけでなく、サークルや委員会などに入ると、その活動の中で、レジュメを作ったり企画書や報告書を書いたりすることがあると思います。これらの資料を作成する際にもパソコンを使用します。学校にいる間だけでは完成できないこともあるので、 その時には家で作業したりしています。

このように大学生になると様々な場面でパソコンを使っていて、様々な場面で活用しています。

推奨パソコンのお申込みはこちらから!

ご入学予定のキャンパスをお選び下さい。