パソコン環境と特徴パソコン環境と特徴
キャンパスによりパソコン環境や特徴が異なります

白山キャンパス

白山キャンパスのパソコン利用は、Officeソフトを使いこなすことがメインとなります。

レポートはWord形式での提出が多く、Excelを用い数式やグラフを描く教養科目の授業やPowerPointを用い課題提出・発表を行うゼミも。

パソコンの持ち込みを義務化している授業は少なく、端末室(PCルーム)も設置されていますが、キャンパス人口2万人の大キャンパスのため、テスト前・課題提出時期は満室ということも多々あります。パソコンがないと不便なことが多いです。マイパソコンがあれば大学内無線LANを駆使しつつ、勉強・研究がストレスなく行えます。


生協では、入学後の皆さんをしっかりサポート致します。 セットアップの講習会では初心者にもやさしいセットアップから開始し、意外に難易度の高い大学内無線LANの設定を行います。


パソコンの使用にあまり自信がなく大学の講義に不安を感じている方も全面的にバックアップします。

赤羽台キャンパス

①IOT化された未来のキャンパス

赤羽台キャンパスにあるINIADは最先端のIoT技術により、様々な設備や機器をネットワークに接続し、それらをキャンパスの状況に合わせて協調動作することで、人々に最適な環境を与え、使用エネルギーの最適化を図ります。このように設備や機器を空間の状況に合わせて最適制御するというコンセプトは、坂村健学部長がプロジェクトリーダーを務めるTRONプロジェクトの目指すところであり、赤羽台キャンパスにはこの研究成果を取り入れた未来のキャンパスを実現しています。

②コンピュータ教育に適したネットワーク環境

キャンパス内にはWi-Fi が整備されていて、情報教育を実施するために十分なインターネット接続帯域が確保されていますので、学生が所有するPCやスマートフォンを持ち込んで、授業や研究に活用できます。

また、クラウドコンピューティング環境としてINIAD 教育クラウドを整備しています。この INIAD 教育クラウドを活用した講義も数多く用意されています。学生の皆さんが INIAD 教育クラウドを自分自身の学習や研究等にも活用できるよう、設備も整っており、また困ったときには INIADスタッフがサポートします。

赤羽台キャンパスINIAD 教育クラウド

川越キャンパス

川越キャンパスでは、理工学部6学科、総合情報学部1学科があり、学科によっても使い方が大きく異なります。

共通している内容としては、ToyoNetという学生生活を支援する システムがあり、インターネットを使ってのシラバス閲覧や履修登録を全学生が行っております。キャンパス内の様々な場所に、学生が利用できる無線LANの設備の完備されており新学期には学生ホールなど様々な場所で履修の手続きを行っています。

また他のキャンパス同様Officeソフトの利用です。「文章作成ソフトMicrosoft Word」を使ってのレポート作成、課題の提出はもちろん、実験結果を「表計算ソフトMicrosoft Excel」を使い集計、グラフ化、「プレゼンテーションソフトMicrosoft PowerPoint」を使っての発表など、学科問わず様々な場面で使用します。

学科特有の内容として、総合情報学科では「プログラム開発ソフトEclipseやVisualStudio」を使い、プログラミングを行います。建築学科では「製図ソフトCAD」を使っての製図を行います。応用化学科では「化学・生物分野で必要とされる様々なツールをパッケージ化したChemBioOffice」を使い幅広く学習しています。

生協では、入学後の皆さんをしっかりサポート致します。 セットアップの講習会では初心者にもやさしいセットアップから開始し、意外に難易度の高い大学内無線LANの設定を行います。 購入は強制ではございませんが、上記のような利用状況を踏まえ、保証面等4年間の活用を前提とした生協推奨パソコンをお勧めしております。

朝霞キャンパス

朝霞キャンパスのパソコン利用は、白山キャンパスと同様にOfficeソフトを使いこなすことがメインとなります。

レポートはWord、Excel形式での提出が多く、授業によってはPowerPointを用い課題・提出・発表を行うゼミもあります。

パソコンの持ち込みを義務化している授業は少なく、端末室(PCルーム)も設置されていますが、PC教室は利用時間が決まっており、テスト前・課題提出時期は満室ということも多々あります。パソコンがないと不便なことが多いです。マイパソコンがあれば大学内無線LANを駆使しつつ、勉強・研究がストレスなく行えます。


生協では、入学後の皆さんをしっかりサポート致します。 セットアップの講習会では初心者にもやさしいセットアップから開始し、意外に難易度の高い大学内無線LANの設定を行います。

パソコンの使用にあまり自信がなく大学の講義に不安を感じている方も全面的にバックアップします。

板倉キャンパス

板倉キャンパスでは他キャンパスに比べPC利用の機会が多く見受けられます。週に1回、多いときには週3~4回は実験や授業の課題のレポートの提出があります。

高校生活では、WordやExcelなどはあまりなじみがなかったのと思いますので、WordやExcelを使いこなすうえでも、ぜひ自分自身のパソコンは用意しておきたいところです。

大学にはPC教室がありますが、PC教室は利用時間が決まっており、休日はPC教室が開放されていないため、レポートを作成などは自宅で行うことが多くなります。

板倉キャンパスの学生にはパソコンは必需品です。

推奨パソコンのお申込みはこちらから!

ご入学予定のキャンパスをお選び下さい。